診断を受けている男性

包茎の種類

包茎にはタイプがあり、皮が全体的に被っているのは「真性包茎」と言われています。「仮性包茎」は勃起しない間は皮が全体に被っている状態を指します。「カントン包茎」は勃起時に圧迫してしまう状態を指し、早めの包茎手術が必要です。

この記事の続きを読む

シニア向けの料金プランもある包茎の治療医院はこちら。時期が遅いという心配もないので気軽に来院が出来て安心ですよ。

具体的な手術方法

包茎手術を希望する男性でも、最初はどのような治療を行なうのか分からないのが一般的です。不安や恐怖心が生まれると手術に臨めないため、先に手術方法を調べておくと安心できます。

この記事の続きを読む

コンプレックスだった包茎手術を京都のクリニックで行う前にはきちんと比較することが重要になってきます。料金でも比較してみましょう。

料金を調べる

具体的な包茎治療にかかる料金は、クリニックによって若干の差が発生します。手術内容は同じでも、使用している器具や消毒剤、痛み止めの薬を処方する場合もあるので料金を細かく注目しておくとよいでしょう。

この記事の続きを読む

自身が持てる性器

生殖器は子孫を残すために使用する、体の中でも大切な器官です。非常にデリケートな器官でもあるため、出来るだけ毎日清潔に保つ必要があります。
排尿や排便といった日常的な行動は抑えられないので、入浴するとき、石鹸で綺麗に洗います。入浴後は清潔な下着に履き替えることも大切です。
使用した下着は洗濯洗剤で洗い、汚れを残さないようにします。

不衛生にしないことが大切ですが、なかには包茎状態の男性器を持っている人も存在します。
男性器は皮が先端の亀頭まで被っていますが、本来は自然に皮が剥けます。しかし、包茎の場合は皮が被ったままで成人してもその状態を保ってしまうことを指します。
皮が被ったまま自然に向けない場合、自力で剥くことも可能ですが、痛みが伴ったり失敗したりする可能性もゼロではありません。
そうならないためにも、専門機関での治療が勧められます。

包茎治療を行っているクリニックや医院は、全国にあるので自宅から近い場所や大病院に入っている所でも受診が可能です。
男性にとって包茎は「恥ずかしい」と思われてることが多く、成人を迎えるまえに受診する人も少なくありません。
専門医が受診してくれるので、どのような治療方法を受けた方がいいのかアドバイスを貰えます。
知識がない人でも、治療を受けるだけで悩みが解決できます。麻酔を使うため、痛みを抑えながら包茎を改善できます。
包茎にも種類があるので、自分自身がどのような状態なのかよく知るところから始めるとよいでしょう。